災害時動物救護に関する協定

災害時動物救護に関する協定について

平成22年9月24日、名古屋市と名古屋市獣医師会は、大地震、集中豪雨など災害発生時に、名古屋市と協力して動物救護活動を実施するため、災害時動物救護に関する協定を結びました。
市の要請に基づき、名古屋市獣医師会館内に動物救護センターを設置いたします。獣医師会館と登録会員の利用可能な施設を救護病院とし、負傷した飼主不明の犬猫を保護収容し、治療します。さらに情報を市(被災動物対策本部)に提供します。

災害時動物救護に関する協定締結時の写真
どうぶつインフォメーションセンター テレフォンドクター 夜間STAFF募集
名古屋市獣医師協同組合 公益社団法人 名古屋市獣医師会へのご支援(寄付)のお願い 賛助会員