狂犬病予防

狂犬病予防注射について

(1) 狂犬病予防法で、生後91日以上の犬には登録(生涯1回)と年1回の狂犬病予防注射(4月から6月)が義務づけられています。また、登録の証明となる鑑札と、その年の予防注射が済んだことの証明である注射済票は、必ず犬の首輪などに付けておかなければいけません。

(2) 名古屋市では毎年4月に市内公園等で集合注射会場が設けられますので、飼犬の予防注射はその際に受けましょう。日程や場所は名古屋市のホームページや広報なごやで広報されます。また、登録済みの犬につきましては、飼主に名古屋市から葉書が届きます。もしも、集合注射会場で予防注射を受けられない場合は動物病院で受けてください。ただし、動物病院での注射料金は、集合注射会場の注射料金と異なる場合がありますので、受診される動物病院にお問い合わせください。

(3) 動物病院で狂犬病予防注射を受けたときは、注射後に発行される"狂犬病予防注射済証"をお住まいの区の保健所生活環境課までご持参ください。お葉書をお持ちの場合はお葉書も併せてご持参ください。初年度登録の際には3550円、2年目以降は毎年度550円の手数料が必要になります。
※公益社団法人名古屋市獣医師会の会員病院では、(3)の手続きを代行している動物病院もありますので、詳しくは受診される動物病院にお問い合わせください。

狂犬病について

人と動物の共通感染症の中で非常に恐れられている狂犬病は、狂犬病ウイルス感染動物による咬傷等によりすべての哺乳類に感染し、感染した動物は主に神経系を侵され、確実な治療法がなく、発病するとほぼ100%死亡する感染症です。狂犬病流行国では、犬が主なまん延源となっています。 我が国では昭和33年以降、犬の狂犬病は発病していませんが、昨今の人と動物の国際間の往来の増大を考えると海外から狂犬病が侵入する可能性は否定できません。

飼犬に狂犬病の予防注射を受けることで犬でのまん延が予防され、人への被害を未然に防ぐことができると考えられます。このため、我が国では狂犬病予防法に基づき、飼犬への狂犬病予防注射を義務付けているのです。

詳しくは名古屋市のホームページ、暮らしの情報をご覧ください
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000011306.html

このページのトップへ
Copyright© NAGOYA Veterinary Medical Association, All Rights Reserved.