名古屋市獣医師会 ご支援(寄付)のお願い

名古屋市獣医師会 ご支援(寄付)のお願いです。

● 会長あいさつ


 日頃より名古屋市獣医師会に多大なご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 本会は、1951年(昭和26年)社団法人愛知県獣医師会の名古屋支部として発足し、翌年から支部名を名古屋市獣医師会と改めました。そして1965年(昭和40年)6月、愛知県から社団法人の設立を許可され、翌7月の総会よりスタートしました。その後、国の公益法人制度改革により2011年(平成23年)4月、公益社団法人に移行し、新たな組織のもとに公益目的事業を中心に様々な活動を展開しています。
 本会は、前述の公益認定の申請にあたり事業内容を精査した結果、公益目的事業として三つの柱を定めました。それらは、まず「狂犬病を始めとする人獣共通感染症対策等の公衆衛生事業」そして「動物愛護精神の普及啓発を図る目的の救急獣医療等の事業」さらに「獣医学術の振興・普及を目的とする研修、講習、認定と学校飼育動物支援の事業」の三本です。それと同時に活動を支える拠点としての名古屋市獣医師会館の運営も重要な事業と考えています。これらの公益目的事業の占める 比率は、85%以上で、予算規模も1億7000万円以上であって、会員一人一人に大きな負担をお願いしているのが現状と言えます。
本会は、名古屋市内で小動物診療に係わる獣医師わずか100余名の在籍する正会員を中心に事業運営していますが、その他に、企業団体、臨床研修獣医師、動物看護士(学生を含む)、動物飼主の皆様など合わせて200名以上の賛助会員に入会いただき、それぞれ関連する事業の実施にあたって物心両面からいろいろと支援を受けています。地方獣医師会の中でも都市型獣医師会の特徴を活かし、より直接的、積極的に一般市民に向けて社会貢献を果たすべく各事業に取り組んでいく所存ですので、今後とも皆様方には引き続き私共にご支援ご協力の程お願い申し上げます。

名古屋市獣医師会 会長 荻曽 敏之

● 寄付金の使途並びに管理運用方法


名古屋市獣医師会における公衆衛生事業、動物愛護事業、学術事業の活動及び地域貢献などを充実・発展させるために、皆様方から寄付いただいた寄付金により、次のような事業の充実を図ります。
 @ 公益事業(用途は指定しない)
 A 狂犬病をはじめとする公衆衛生事業
 B 救急獣医療等を柱とする動物愛護事業
 C 獣医師という資格者団体としての学術事業 

● 寄付のご案内


○ 受入口数
個人の寄付者の方       一口  1,000円
法人・団体の寄付者の方    一口 10,000円
 (寄付の趣旨をご理解の上、できるだけ複数口でのご協力をお願いします。)
 なお、分割による寄付を希望される方は、名古屋市獣医師会事務局までご連絡ください。
○ 土地の寄付や遺贈による寄付について
 土地や有価証券などの現金以外の寄付や遺贈による寄付をお考えの方は、名古屋市獣医師会事務局までご連絡ください。
○ 寄付の申込み
  個人の皆様
  【銀行・郵便局で振込用紙による寄付方法】
   所定の寄付申込書に必要事項をご記入の上、名古屋市獣医師会事務局までFAXまたは
  郵送いただくか電話にてご連絡ください。
   名古屋市獣医師会から専用の「振込用紙」を郵送しますので、「振込用紙」にてお振込
  みをお願いします。
   寄付申込書は、下記をご利用ください。
  寄付申込書(個人用)(WORD)
  寄付申込書(個人用)(PDF)

  法人・団体の皆様
  【銀行・郵便局で振込用紙による寄付方法】
   所定の寄付申込書に必要事項をご記入の上、名古屋市獣医師会事務局までFAXまたは
  郵送にてお送りください。
   名古屋市獣医師会から専用の「振込用紙」を郵送しますので、「振込用紙」にてお振込
  みをお願いします。
   寄付申込書は、下記をご利用ください。
  寄付申込書(法人用)(WORD)
  寄付申込書(法人用)(PDF)

  ■ 連絡・送付先 ■
  〒460-0011 名古屋市中区大須4丁目12-21
  公益社団法人 名古屋市獣医師会事務局
  電話 052-263-0700
  FAX 052-264-9381
  E-mail nagoyavet@muh.biglobe.ne.jp

● 税務上の優遇措置


 ご寄付いただいた寄付金については、税法上の優遇措置があります。
 ご入金を確認後に当会からお送りする「寄付金領収書」を控除または損金算入証明書として利用いただき、確定申告により手続きをお取りください。

  ○ 寄付者が「個人」の場合
   「所得控除」
    所得税法第78条第1項により、その年に支出した寄付金の額(所得の40%が限度)
   から2,000円を引いた額を、所得税の課税所得から控除することができます。
  ○ 寄付者が「法人」の場合
    法人税法第37条第4項により、一般の寄付金とは別枠で寄付金の額(特別損金算入
   限度額が限度)を損金算入することができます。
   ■ 税務上の優遇措置に関する問い合わせ先 ■
   名古屋市獣医師会事務局 電話 052-263-0700

● ご厚志に対する謝意


 ご寄付いただいた皆様に対しましては,名古屋市獣医師会が持つ様々な情報の提供や寄付者名簿等に掲載するなどして,末永く当方人の歴史に刻まさせていただくとともに, 感謝の意を込めまして次のことを行っています。

   @ ご芳名の掲載(掲載をご承諾いただいた方)
   寄付者のお名前等を名古屋市獣医師会のホームページ及び名古屋市獣医師会会誌等に掲
   載します。
   A 銘板への掲示(掲示をご承諾いただいた方)
   寄付者ごとの累計寄付金額で,個人の方は50万円以上,法人・団体の方は100万円以上
   のご寄付をいただいた方には,寄付者(ご芳名)の銘板を名古屋市獣医師会館内に掲示
   します。
   B 会誌の送付・公式行事のご案内
   名古屋市獣医師会の会誌の送付及び名古屋市獣医師会主催の公式行事のご案内をしま
   す。

● 問合せ先:


   〒460-0011 名古屋市中区大須4丁目12-21
   公益社団法人 名古屋市獣医師会事務局
   電話 052-263-0700
   FAX 052-264-9381
   E-mail nagoyavet@muh.biglobe.ne.jp

どうぶつインフォメーションセンター テレフォンドクター 夜間STAFF募集
名古屋市獣医師協同組合 公益社団法人 名古屋市獣医師会へのご支援(寄付)のお願い 賛助会員